物件をお探しの方はこちら

柴又さんぽ第7回 「柴又帝釈天」 寅さん映画にも出てくる柴又観光のシンボル

こんにちは!

京成金町線沿線の専門、不動産売買仲介のイエステーション金町店です!

今回も、イエステーションサポーターの土屋敬子さんに金町・柴又・高砂地域の魅力を紹介して頂きます♪

では行ってみましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんこんにちは!『葛飾さんぽ』担当の土屋敬子です。

もっともっと葛飾の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンをつくりタイ』ということで、葛飾区内をブラブラ散歩しながらご紹介していきます♫

今回は柴又!帝釈天に行ってきました。

まずは、参拝の前に…柴又駅前に悠然と立つ「寅さんの銅像」に一礼。

「寅さんの足に触ると幸運になれる」と言われているそうで…

皆さんが触っているからでしょうか? 寅さんの足はいつ見てもピカピカです。

それでは、いざ帝釈天へ!

帝釈天に続く参道を進んでいくと…、1月下旬でもまだまだ参道は賑やか!

昨年よりもかなり人出が増えている印象でした。ウナギや佃煮、お団子…

美味しそうなお店がたくさんあって、食べ歩きはもちろん、店内でお食事ができます。

どのお店で食べようかなーーとフラフラ歩いていましたが、そこはグッと我慢!

まずは参拝をしてから参道でお買い物、これが正しい順番だそうです!

ところがわたしは… 高木屋老舗さんでお団子をパクリっ!

誘惑に負けてしまいました(^_^;)

出来立てのお団子はとても温かくて、とろけるような食感。

二本も食べれるかなぁと思ったんですが・・・ペロリっと美味しくいただきました!

体も温まったところで、いざ帝釈天へ!

見えてきたのは二天門!通る前にまず合掌しましょう。

二天門の建材は、すべてケヤキの木を使って組むそうで、さすが400年以上の歴史・・・

頑丈で腐りにくいそうです!

さ!お寺に入ると・・・ 左回りで進むのがマナーです。

浄行菩薩にご挨拶したら、手を洗うお水がありますので清めましょう!

そして、いよいよ参拝・・・なのですが・・・

そういえば、柴又帝釈天には、「珍しいお守りがある」ということを思い出し・・・

お守りの売り場に引き寄せられてしまいました(^_^;)

お店の方に薦められて、気になったのが「一粒符」というお守り!

こちらはなんと、「飲むお守り」なんです!

小さな赤い粒が10粒入ってまして…、万病に効くということで、真っ先に購入!

他にも、寅さんの首から下げているお守りや加太守(かぶとまもり)や除疫守(かぜふうじ)、交通安全、キャラクターのお守りなどなど、沢山種類があります!

お守り売り場だけでもテンション上がって楽しめますよ!

お守りを無事に買って・・・ようやく参拝! 結局、順番が滅茶苦茶になってしまいましたが・・・無事に、家族の健康をしっかり祈願してまいりました。

帝釈天には見どころが沢山ありまして、彫刻ギャラリーや邃渓園(お庭)があります。

寺務所の方に伺ったところ…、この帝釈堂に覆い被さるように茂っているのは、

大きな黒松「瑞龍の松」は、樹齢400年以上、2013年には東京都指定天然記念物になっているそうです。。

それから、彫刻は圧巻のスケール!一枚の板で作ったとは思えない立体感。是非皆さんにも実際に見ていただきたいです!

小さい頃から何度も訪れた帝釈天!改めて歩いてみると、こんなにたくさん見どころがあるんですね~。

沢山あるいて、帰りは参道で、おでんや草団子、うなぎ、おせんべい…

お土産屋さんもありますから、たくさん食べて、お土産を買って、柴又を存分に楽しんでください!

柴又帝釈天 基本情報

住所:東京都葛飾区柴又7-10-3

電話: 03-3675-2886

■御祈願・参拝時間 

【御祈願受付】  午前9時~午後3時30分

【閉 堂 時 間】  平日:午後5時 土日祝祭日:午後6時

【開 門 時 間】  午前5時~午後8時

柴又帝釈天公式サイトより抜粋

葛飾さんぽ一覧へ戻る

Fudousan Plugin Ver.5.8.1