物件をお探しの方はこちら

【超安心】旗竿地を高く売却するためのコツ8選と注意点7選を丁寧に解説します

不動産売却を検討している人
  • 不動産売却を検討している。
  • 旗竿地を高く売る方法を知りたい。
  • 旗竿地を売るさいの注意点を知りたい。

このような疑問を解決します。

旗竿地は、その独特な形状から売却が難しいとされていますが、適切な戦略を立てれば高く売却することが可能です。

今回の記事では、旗竿地を「高く売却するための8つのコツ」と「売却時の注意点7つ」を丁寧に解説しています。

コツと注意点を理解することで、あなたが売ろうとしている旗竿地を高く売れる可能性がグッと高まります。

ぜひ最後までご覧ください。

イエステーション金町店は葛飾区(柴又・金町・高砂・新宿)の不動産(旗竿地)を売却するための実績とノウハウが豊富です。

ご相談やお悩みがある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせが増えています!

旗竿地の基礎知識をわかりやすく解説

旗竿地は旗の形をした土地のこと

旗竿地とは、道路から細長い通路のような部分(竿部分)を経て奥に広がる敷地(旗部分)がある土地のことを指します。

旗竿地が生まれる理由

旗竿地が生まれる背景には、土地の分割や土地利用の変遷があります。

元々一つの大きな土地を分割した際に、道路に面した部分が狭くなり、旗竿地が形成されることがあります。

(住宅分譲会社にとっては、新築を1棟建てるよりも、分割して2棟以上建てた方が利益が見込めます)

旗竿地は不動産の価値が低い

旗竿地は、整形地と比べて不動産価値が低い傾向があります。

理由は「建物を建てられる面積が少ない」「車が停めにくい」「日当たりが悪い」という側面から、需要が少ないことが挙げられます。

旗竿地が売れにくい7つの理由

建て替えられない可能性がある

建築基準法の改正によって、建築当初より新築や増改築が制限されている場合があります。

このような土地は「再建築不可」の物件となりますが、一定の基準を満たすことで建築できることもあります。

日当たりが悪く需要が少ない傾向にある

旗竿地は、周囲の建物に囲まれていることが多いため、日当たりが悪い傾向にあります。

現在は日当たりに問題がない物件でも、将来的に周囲に建物が建って日当たりが悪くなる可能性もあるので注意が必要です。

工事にコストがかかる

旗竿地では、建物の建築やリフォーム時に工事コストが高くなることがあります。

通路部分が狭いため、大型の建設機械が入りにくく、工事の効率が悪くなるからです。

家に入るまでに私道を通る必要がある

旗竿地には、家に入るために私道(個人が所有している道路)を通らなければならないことあります。

この私道部分が他の所有者の土地である場合、通行権を確保するための交渉や手続きが必要になります。

これが売却時のネックとなり、購入希望者が減る原因となります。

銀行の担保評価が低くなる

旗竿地は、銀行からの担保評価が低くなることがあります。

通路部分があることで実際の利用可能面積が少ないことや、売却時に高値で売れにくいことが理由です。

これにより、購入希望者が住宅ローンを組む際に不利になる可能性があります。

建築できる面積が少ない

旗竿地は、一見すると土地面積が大きいですが、通路部分を除くと建築できる面積が少ないです。

そのため、建物を建てられないことがあります。これが購入希望者にとってマイナスポイントとなります。

土地の活用が難しい

旗竿地は、土地の活用方法が限られるため、購入希望者にとって魅力が少ないと感じられることがあります。

例えば、庭や駐車スペースを広く確保することが難しいことが挙げられます。

旗竿地を高く売却するコツ8選

1.売却査定をして相場を把握しておく

旗竿地の売却を考える際は、不動産会社に売却査定を依頼して相場を把握しましょう。

複数の不動産会社に査定を依頼することで、適正価格を知ることができます。

相場を理解することで、適切な価格設定ができ、売却の成功率が高まります。

2.価格設定を工夫する

旗竿地の売却では、価格設定が非常に重要です。

相場よりも少し低めの価格を設定することで、購入希望者の関心を引きやすくなります。

ただし、極端に低い価格設定は避けるべきです。

適切な価格設定を行い、早期売却を目指しましょう。

3.私道の所有者と交渉する

旗竿地の通路部分が私道(個人が所有する土地)である場合、その所有者と交渉して通行権(通行できる権利)を明確にしましょう。

通行権が確保されていることを購入希望者に示すことで、安心感を与え、売却の可能性を高めることができます。

4.近隣住民に売却の交渉する

近隣住民に旗竿地を売却することも一つの方法です。

隣接地の所有者は、自分の土地を広げるために旗竿地を購入することに興味を持つかもしれません。

近隣住民との交渉を行い、売却の機会を増やしましょう。

5.隣接地を購入して価値を上げる

資金に余裕がある場合は、隣接地を購入して旗竿地を広げることで、土地全体の価値を上げることができます。

例えば、通路部分の土地が狭く車が停めづらい土地を、隣地の一部を購入し車を停めやすくする方法が考えられます。

6.売却前にリノベーションを行う

旗竿地に建物が建っている場合、売却前にリノベーションを行うことで、物件の魅力を高めることができます。

内装や外観を整えることで、購入希望者にとって魅力的な物件に仕上げましょう。

7.値引き交渉に冷静に対応する

売却時には、購入希望者からの値引き交渉が入ることがあります。

この場合、冷静に対応し、適切な価格での合意を目指しましょう。

急いで売却する必要がない場合は、無理な値引きに応じる必要はないでしょう。

8.売却に強い不動産会社に依頼する

旗竿地の売却に強い実績を持つ不動産会社に依頼することが重要です。

経験豊富な不動産会社は、旗竿地の特性を理解しており、効果的な売却戦略を提案してくれるでしょう。

信頼できる不動産会社を見つけて、売却をスムーズに進めましょう。

イエステーション金町店は葛飾区(柴又・金町・高砂・新宿)の不動産(旗竿地)を売却するための実績とノウハウが豊富です。

ご相談やお悩みがある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせが増えています!

旗竿地を売却する際の注意点7選

1.解体せず中古一戸建てとして売る

旗竿地に建物がある場合、基本的には解体せずに中古一戸建てとして売ることをおすすめします。

建物があることで、購入希望者にとって利便性が高まり、売却の可能性が増えます。

2.買取も検討する

不動産会社や投資家による買取を検討することも一つの方法です。

買取は不動産業者に買い取ってもらうことをさし、買い取った業者はその不動産を再販します。

そのため、一般的な売却に比べて安い金額での売却となりますが、即座に現金化できるため、急いで売却したい場合には有効な手段となります。

3.賃貸物件としての活用を考える

売却が難しい場合、一時的に賃貸物件として活用することも考えましょう。

賃貸収入を得ながら、市場の状況が改善するのを待つことができます。

4.隣地建物との距離と位置関係を確認する

旗竿地を売却する前に、隣地建物との距離や位置関係を確認しましょう。

これにより、購入希望者にとってのメリットやデメリットを明確にし、適切な売却戦略を立てることができます。

5.セットバックが必要か確認しておく

旗竿地の売却前に、セットバックが必要か確認しましょう。

セットバックとは、敷地の一部を道路にすることをさします。(建築基準法(国土交通省参照)では、建物を建築する際に「幅が4m以上の道路に2m以上接している」必要があります)

例:4m未満の道路に接している土地の場合
道路中心から2m部分を道路にする

セットバックが必要な場合「建築面積」や「不動産の価値」に影響が出ることになります。

予めセットバックについて把握しておきましょう。

6.余分にかかる工事費用を把握する

旗竿地の売却時には、工事費用がどのくらいかかるかを事前に把握しておきましょう。

敷地が狭いことにより、工事費用が余分にかかる可能性があります。

また、ライフラインの引き込みが必要な場合、その分の工事費用についても把握しておくことをおすすめします。

これにより、購入希望者に対して具体的な情報を提供し、安心感を与えられるでしょう。。

7.住み替えの場合はきちんと計画を立てる

旗竿地を売却して住み替えを検討している場合、きちんと計画を立てることが重要です。

新しい住まいの確保や引っ越しのスケジュールを事前に調整し、スムーズな住み替えを実現しましょう。

まとめ:旗竿地を高く売るために無料査定を活用しよう

旗竿地を「高く売却するコツ」8選は以下の通りです。

  1. 売却査定をして相場を把握しておく
  2. 価格設定を工夫する
  3. 私道の所有者と交渉する
  4. 近隣住民に売却の交渉する
  5. 隣接地を購入して価値を上げる
  6. 売却前にリノベーションを行う
  7. 値引き交渉に冷静に対応する
  8. 売却に強い不動産会社に依頼する

旗竿地を売却する際の「注意点」7選は以下の通りです。

  1. 解体せず中古一戸建てとして売る
  2. 買取も検討する
  3. 賃貸物件としての活用を考える
  4. 隣地建物との距離と位置関係を確認する
  5. セットバックが必要か確認しておく
  6. 余分にかかる工事費用を把握する
  7. 住み替えの場合はきちんと計画を立てる

旗竿地を高く売却するためには、適切な戦略と計画が必要です。

まずは、不動産会社に無料査定を依頼して相場を把握し、自分に合った売却方法を選びましょう。

イエステーション金町店は葛飾区(柴又・金町・高砂・新宿)の不動産(旗竿地)を売却するための実績とノウハウが豊富です。

ご相談やお悩みがある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせが増えています!

当社について詳しく知りたい方は、葛飾区の不動産売却相談でイエステーション金町店が選ばれる理由を参考にしてください。

お問い合わせを検討している人
  • メールや電話の問い合わせに抵抗がある。
  • LINEで気軽にやり取りをしたい。

このような方のご要望にお応えして、公式LINEでも問い合わせが可能です。お気軽にご相談ください。

旗竿地売却に関するよくある質問

旗竿地の売却価格はどのくらいですか?

旗竿地の売却価格は、立地や面積、周辺環境によって異なります。まずはお気軽に査定を依頼してください。具体的な価格を確認しましょう。

旗竿地の売却にはどのくらいの期間がかかりますか?

旗竿地の売却期間は、物件の状態や市場の状況によって異なります。一般的には3ヶ月から6ヶ月程度を見込んでおくと良いでしょう。

旗竿地を売却する際の手数料はどのくらいですか?

旗竿地を売却する際の手数料は、一般的には売却価格の3%程度が目安です。

旗竿地を売却する際に必要な書類は何ですか?

旗竿地を売却する際には、土地の登記簿謄本や公図、測量図、境界確認書などが必要です。不動産会社に相談し、必要な書類を揃えておきましょう。

旗竿地の売却で税金はかかりますか?

旗竿地の売却で利益が出た場合、譲渡所得税がかかることがあります。譲渡所得税は売却価格ー(取得費+譲渡費用)で計算されます。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

Fudousan Plugin Ver.5.8.1