不動産
不動産購入
不動産売却
企業情報
会社概要
スタッフ紹介
ご案内
サービス紹介
お客様の声

資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせ

ご所有の不動産を無料査定しませんか?

メール査定お申込みフォーム

媒介契約

物件の相場や売却にかかる費用、ご自身の事情等を総合的に考え、売却活動を始めたいとご判断 されましたら、仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結ぶ事になります。仲介を受けた不動産 会社は、売買や仲介などの取引を扱う法律である宅地建物取引業法によって、依頼者にとって 不利にならない売買契約の締結が法律で義務付けられています。

 

そこで、所有している物件をどのような条件で売却活動を行い、成約した際の報酬金額をどのようにするのかといった内容を定めた媒介契約書を予め取り交わします。これを「媒介契約」といいます。不動産会社がお客様から仲介手数料を頂くのは売却が成立してからになりますので、媒介契約の時点では費用は発生しません。ご安心ください。

 

 

 

 

 

媒介契約には以下の3種類があり、それぞれに特徴があります。ご自分が媒介契約を結ぶ際はどの媒介契約が最適なのか?考えながら読んでみてください。

一般媒介契約

同時に複数の不動産会社に仲介を依頼することができる契約です。自力で買い手を見つけた場合は、不動産会社を通さずに直接契約することも可能です。契約期間の長さは制限されておらず(目安は3ヶ月と言われております)、レインズへの登録義務もありません。

 

 

 

メリット
・複数の会社に依頼できるので、買い手の幅が広がる
・会社同士の競争意識がはたらき、営業活動が積極的になる可能性がある。

デメリット
・売却活動中は複数の会社と連絡を取り合わなければならず、やり取りが煩雑になりやすい。
・自社で売却できるとは限らないので、不動産会社は宣伝活動、サービスに費用をかけづらい。
・レインズに載せなかった場合、依頼した会社以外に情報が広まらない可能性がある。

 

 

 

専任媒介契約

不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約です。自社のみが任されている状態になる為、不動産会社もその不動産の売却の為に費用をかけて一生懸命活動しやすくなります。どこに費用をかけるかは会社によって様々ですので、媒介契約を結ぶ会社を選ぶ際には確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

メリット
・任せた1社が窓口になって各不動産会社からの問合せを取りまとめてくれるので、連絡が煩雑にならない。
・不動産会社から2週に1回以上活動状況の報告があるので、販売状況を把握しやすい。
・自社が仲介できる(成約時に売主様からは手数料を頂ける)事がほぼ決まっている為、費用をかけて積極的な宣伝活動やサービスを行いやすい。
・レインズ登録が義務となっている為、多くの不動産会社に情報を広める事ができる。

デメリット
・1社のみに任せる為、その会社の力量により売れる時期や金額が左右されやすい。
・囲い込みを行う会社に任せてしまった場合、売却が長引いたり、相場より安くしないと売れない可能性が高くなる。

 

 

専属専任媒介契約

専任媒介契約と同じく、不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約です。主な違いは、販売状況報告の頻度が多い事と、売主様自ら買主を見つけた時でも自分で契約ができない事です。

 

 

 

メリット
・任せた1社が窓口になって各不動産会社からの問合せを取りまとめてくれるので、連絡が煩雑にならない。
・不動産会社から週に1回以上活動状況の報告があるので、販売状況を把握しやすい。
・自社が仲介できる(成約時に売主様からは手数料を頂ける)事が決まっている為、費用をかけて積極的な宣伝活動やサービスを行いやすい。
・レインズ登録が義務となっている為、多くの不動産会社に情報を広める事ができる。

デメリット
・1社のみに任せる為、その会社の力量により売れる時期や金額が左右されやすい。
・囲い込みを行う会社に任せてしまった場合、売却が長引いたり、相場より安くしないと売れない可能性が高くなる。
・自分で買主を見つけた場合でも仲介業者に仲介手数料を払わなければならない。

 

 

 

『不動産売買の仕組み』

不動産売却の商流は、2つの商流があります

 

1.売却を任された不動産会社が『直接』お客様を見つけるルート

物件の販売を受託した不動産会社自身が、インターネット広告や、チラシといった地域活動で直接お客様を募集します。不動産業界では、この商流を両手仲介といいます。

 

 

2.全国の不動産会社からお客様を紹介してもらうルート

物件の販売を受託したら、『不動産流通機構』通称REINS(レインズ)に物件を登録すると、全国の不動産会社に共有されます。共有された不動産会社の顧客の中に、売りタイお客様の条件にピッタリのお客様がいた場合、全国の不動産会社がお客様を紹介してくれるという仕組みです。不動産業界では、この商流を片手仲介といいます。

 

イエステーション金町店は片手仲介を重視しています

片手仲介は、売主買主双方にそれぞれ不動産会社が媒介をするのに対し、両手仲介は、売主買主に対し、1つの不動産会社が双方に媒介するので、単純にもらえる手数料が2倍になります。売上が高くなることから、多くの不動産会社は両手仲介を重視しがち、場合によっては『※囲い込み』といった行為を行う会社もあり、問題になっております。※不動産会社が自社にとって、より収益の多い『両手仲介』となるように他の不動産会社に売りたいお客様の物件を紹介させない様にする行為のこと。

イエステーション金町店は、売りたいお客様の機会損失になることはいっさいいたしません。

 

東京都には2万社以上の不動産業者がいます。

物件を預かった不動産会社として、直接お客様をお探しするのももちろん大切ですが、2万社の不動産会社が買いたいお客様に接客しやすいように、資料をそろえて正しく共有し、

味方になってもらうことも、お客様が早く、高く不動産を売却するには重要なことなのです。

 

 

イエステーション金町店の片手仲介への取り組み

 

1.お客様の目を引き、他不動産会社が案内しやすい資料を作成します

販促資料は0.1秒でお客様の目を止め、2秒で概要を理解し、詳細をじっくり読んでもらえるように配置をするのが鉄則です。イエステーションではその販促資料の作成を専門家に依頼し、作成をしております。この資料が不動産流通機構で他不動産会社にダウンロードされ、接客に活用されます。

 

2.ご内覧用パンフレットの作成

不動産流通機構に掲載ができる物件資料はA4片面のサイズです。それだけでは掲載できる情報量、文字の大きさに限界がありますので、より購入意欲の高い、物件を直接内見するお客様には、A3見開きサイズのさらに見やすく情報量の多い資料を片手仲介、両手仲介に限らずご提供いたします。買いたいお客様は様々な物件の資料を取り寄せますので、ご自宅に帰っても売りたいお客様の物件が印象に残りやすくなります。

 

3.不動産流通機構への確実掲載
不動産売却を依頼する『媒介契約』には様々な契約形態があり、なかでも『一般媒介契約』には、不動産流通機構への登録義務がありません。イエステーション金町店は、片手仲介を重視しますので、一般媒介契約においても、必ず不動産流通機構へ物件を登録し、全国の不動産会社へ物件を共有いたします。

 

 

売却活動へ
お客様の声へ

閲覧履歴